喉頭異物症 原因 症状

喉頭異物症の原因と症状

スポンサーリンク

喉の部分に何もしていないのに異物感を感じる現象を、喉頭異物症といいます。
何か詰まっているような感じ、喉がイガイガする、魚の骨が刺さっているような感じ、圧迫感などの違和感を感じることが多いでしょう。
このような症状は感染症、甲状腺疾患、逆流性食道炎、腫瘍などの病気も考えられますがほとんどが喉頭異物症なのです。
様々な原因によって起きることが分かっています。
自律神経障害も原因の一つでストレス、焦燥感、不安感などが積み重なることで現れることがあるでしょう。
喉の異物感のことばかり考えることで、ストレスが溜まりやすくなるので気をつけましょう。
胃腸障害が原因になっていることもあるのです。
急性胃炎や食道の炎症によって胃や食道の運動機能に異常が起きると、喉の奥に異物感や閉塞感を感じることがあるでしょう。
空腹時には何も感じないのに、食事を摂って少し時間が経つと不快感が現れるのも特徴の一つです。
憂鬱な気分になりがちで、うつ病になることもあるので気をつけましょう。
スポンサーリンク

肩こりが原因で起こることもあるのです。
人間の体は肩こりが酷くなると、後頭部の筋肉や首筋が緊張した状態になるのです。
すると頭痛、フワフワ感、胸部圧迫感などの症状が現れるようになるのです。
首の周りの筋肉の緊張や収縮によって、喉の奥に閉塞感や異物感を感じることがあるでしょう。
喉頭異物症は更年期障害や甲状腺疾患と関係しているため、男性よりも女性に多く現れる病気なのです。
年齢では30代〜50代に多く、男性の約2倍と言われているのです。
喉に異常を感じた時の検査方法では、喉頭鏡を使用することがあるでしょう。
外来でもすぐに行える検査方法で、喉の奥の異物、炎症、腫瘍などを調べることができるのです。
頚部超音波検査では甲状腺、頚部動脈、リンパ節などの喉頭の圧迫を調べることが可能です。
もし異常を発見した時は、MRIや頚部CTによってさらに詳しい検査をすることもあるでしょう。
喉に異物感を感じる症状が現れた場合は、自己判断せずに病院で調べてもらうことも大切です。
スポンサーリンク