喉 異物感 できもの 原因

喉の異物感やできものの原因とは

スポンサーリンク

喉のできものにはいくつかの原因があります。
異物感を感じた時にどの様な対応をとるべきなのでしょうか。
原因を知りながら対応を考えていこうと思います。
まず喉にできる異物は大きく8つに分けられます。
風邪、癌、咽頭炎、扁桃周囲膿瘍、花粉症、リンパの腫れ、濃栓などの8つです。
これ等8つの症状は痛みの有無からできものの見た目や症状まで様々です。
これ等の特徴はどの様なものなのでしょうか。
痛みは無いのに異物感や違和感を感じる場合は濃栓と言われる無害の塊です。
自然にとれます。
濃栓の原因は風邪や花粉、ストレス、虫歯などです。
耳鼻科ですぐに除去できます。
リンパが腫れている場合は赤いできものができる場合があります。
リンパによる腫れも原因は風邪である事が多く充血した結果赤く腫れます。
更に赤いだけでは無く喉にぶつぶつがあり熱や痛みを伴う場合は扁桃腺、扁桃周囲膿瘍、咽頭炎が考えられます。
扁桃周囲膿瘍の場合ですと食事も困難になる事もあります。
これ等は自然治癒も可能ですが痛みも激しい場合もあり他の症状が発生する事もあるのでできるだけ病院に行き適切な処置をする事が大切です。
スポンサーリンク

白いできものが見られた場合はほとんどが口内炎である可能性が高いです。
しかし痛みが激しい場合に違う病気が隠れている事もあるので症状が口内炎とは考えられないと感じた場合、または単純に心配な場合でも病院で見てもらった方がよいでしょう。
水ぶくれの様な物が見られた場合はポリープである可能性が考えられます。
主にタバコの吸い過ぎで起きやすいのですがストレスでできる場合もあります。
ポリープができた場合もしくはポリープと思われるものができた場合はお医者様に受診し相談しましょう。
様々な症状や病気の可能性がありましたが、違和感を感じた時に痛みが無いからと鏡で見ながら無理矢理にできものをとる行為は危険ですので止めましょう。
喉を傷つけるとかえって違う病気を引き起こす事もあります。
自己判断は危険ですので異物感を感じた時はできるだけ早く医療機関に行く事が最もたしかな事です。
病気は早期発見であればほとんどのものが治ります。
不安になるよりまず病院という意識を持つ事でリスクから身を守る事ができます。
スポンサーリンク