喉 鳴る 原因

喉が鳴る原因について

スポンサーリンク

何もしていないのに喉から音が出ることがあるのです。
音には色々なタイプがありますが、病気が隠されている場合もあるので注意が必要でしょう。
呑気症は、空気を飲み込んでしまいお腹が膨れている状態になる病気です。
日本人の8人に1人が抱えている病気で、20代〜50代の女性に多く現れる特徴があります。
呑気症になるとげっぷ、お腹の張り、おならが臭わない、おならがしたくなる、食欲不振、胸の重苦しさ、頭痛などの症状が現れるでしょう。
呑気症になる原因にはストレス、唾を飲み込む癖、早食い、歯の噛みしめすぎ、鼻呼吸より口呼吸が多いなどが関係しているのです。
食事の時はゆっくり噛んで食べるようにしましょう。
アルコールや炭酸飲料の摂取は控えることが大切です。
不安や緊張を取り除くように生活することを心がけるといいでしょう。
マウスピースの装着によって改善させる方法もあるのです。
喉から音が鳴る症状は、気道が狭くなっている可能性があるのです。
スポンサーリンク

喘息になると、粘膜がむくんで気道が狭くなりやすいのです。
激しく咳込んだり痰が増える他に、呼吸の度にゼーゼーと音が鳴ることがあるでしょう。
咳が長く続く場合は、病院で診てもらうようにしましょう。
治療では、抗炎症薬や気管支拡張薬を処方されることが多いのです。
喘鳴になると、気道に何か詰まっているような状態になり喉が鳴ることがあるのです。
痰の絡みや鼻水がよく出る事が原因で、気道を圧迫している事が考えられるでしょう。
水分を多く摂取することで、痰や鼻水の濃度を薄めて気道をサラサラにすることができるのです。
首のコリによって気道が圧迫されていることもあるのです。
コリの原因は、枕の高さが合っていないなどの良くない姿勢が長時間続くことが関係しているのです。
枕が低すぎると、顎が上がった状態になり気道が確保しづらくなってしまいます。
自分に合った枕を使用するように心がけましょう。
喉に不快な症状を感じたら、早めの受診をすることが大切です。
スポンサーリンク