喉 炎症 治らない 治療

喉の炎症が治らない時の治療方法

スポンサーリンク

喉が炎症を起こしてしまうのは風邪などに限らず、免疫力が低下しているのも原因の一つです。
免疫力の低下により、喉にウィルスや細菌などが入り込み感染し、痛みをもたらすのです。
免疫力が低下していると、痛いだけでなく治らないこともあるので早めに処方してあげることが大切です。
早く治療をしてあげないと、痛みがあるだけでなく声が出にくかったり重篤な症状を発生させてしまう可能性もあります。
治療する上で大切なのは、増えた細菌や入り込んだウィルスなどを除去し、殺菌して炎症を抑える必要があるのです。
まず、ウィルスや細菌を除去するために必要なのは、温めることです。
喉を温めることにより、細菌やウィルスなどの繁殖を抑えることができるのです。
ただ、炎症を起こしてしまっている場合は、腫れや赤みを助長させてしまうこともあるため、風邪のひきはじめや違和感を感じた時に有効な方法です。
マフラーを撒いたり、ネックウォーマーなどで保護してあげるだけでも有効です。
スポンサーリンク

また温めるだけでなく、保湿も治療には必要です。
空気が乾燥していればしているほど、ウィルスや細菌は活発に活動してしまうからです。
いつまで経っても治らないのは、乾燥していたからということもあるので、マスクや加湿器などで保湿してあげることが有効です。
加湿器がない場合は、桶やコップなどに温かいお湯を入れてベッドサイドに置いてあげるだけでも効果的です。
風邪の場合は、咳などにも保湿は効くので知っておくと便利です。
しっかりと水分をとって喉を潤すことも大切です。
直接水分を補給できるため、一番の保湿となるでしょう。
またその時に殺菌効果のある緑茶や紅茶などといったものを飲めば、さらに効果がもたらされます。
それでも、喉の炎症が治らないという時は、お医者さんに診てもらうことが大切です。
病院では喉の炎症に効果のある薬を処方してもらうことができるからです。
また風邪などではなく重篤な病気であることもあるため、安易に判断せずに病院へ行くことをおすすめします。
スポンサーリンク