喉 口内炎 病院 何科

喉に口内炎が出来た場合、病院の何科に相談すれば良いのか

スポンサーリンク

口内炎とは、口の中に出来る炎症や水ぶくれの総称をいい、唇や頬の裏側、歯茎や舌など、口の中であれば至るところに出来るのが特徴です。
これらは基本的に、歯科に相談することで、治療を受けたり薬を貰うことが出来ます。
では、口内炎が喉に出来た場合は、病院の何科に行って相談すれば良いのでしょうか。
歯科とは主に、歯そのものや歯茎、舌や歯肉などを専門に治療を行います。
従って喉となると、また別の何科へと専門が移ることになります。
一番効果的なのは、かかりつけの病院へ行き、受け付けにおいて症状を詳しく伝えることです。
そうすることにより、より適切な科を紹介して貰うことが可能です。
基本的には耳鼻咽喉科や内科になりまが、口内炎が出来た原因や症状などによって、かかる科が異なってきますので、自己判断ではなく病院の指示に従うようにしましょう。
では次に、どのような症状が出たときに病院に行くべきかなどをお話ししていきたいと思います。
スポンサーリンク

口内炎といっても、たとえば比較的出来やすい体質であったり、出来ても痛まないという人にとっては、出来る都度病院に行くのは手間だと思います。
どんなことを目安にしたら良いのか、いくつか挙げていきます。
普通であれば通常、1〜2週間で完治します。
そのため2週間以上治らない場合は、別の疾患を疑う可能性がありますので、病院へ行った方が安心です。
特に、口内炎が喉に出来た場合は、通常のものとは異なり、たとえば発熱や倦怠感を伴う場合があります。
その際は、耳鼻咽喉科や内科に相談しても解決しない場合があります。
その点では、喉に出来たものについては、自己判断で治療を行ったり、何科に行けば良いか考えるのではなく、通常出来るものとは区別して対策を考える必要があるといえるでしょう。
口内炎が出来る原因は、たとえば口の中を噛んで傷つけたり、或いはストレスや栄養不足などが考えられますが、今のところ確実な原因が特定されているわけではありません。
しかも、それが別の病気の前兆だったり、既にかかっている病気の症状のひとつだったりするので、自己判断で何科を受信すれば良いのか判断するのは困難です。
必ず医療機関の相談を受けるようにしましょう。
スポンサーリンク