喉 しこり 押すと痛い 原因

喉のしこりが押すと痛いときの原因について

スポンサーリンク

普段の生活であまり気にすることがないのが喉の部分になります。
しかし何気なく触ってみたときにしこりがあるということに気がつくことがあります。
この場合原因が癌ではないかと心配になる人がいます。
不安になってしまう人も少なくありませんが、喉のしこりの原因に関しては、癌以外のこともあります。
したがってその原因を詳しく確認することが大切になります。
信頼できる病院で診察を受けるようにします。
気温が下がって寒くなったときには、人間の体は気温の変化についていくことができない場合があります。
その場合の度に違和感を感じることもあります。
このようなときに考えられるのは風邪のことが多くなっていますが、しこりのようなものが発生していることもあります。
押すと痛いと感じたり痛みがないというような場合もありますが、押すと痛いときには雑菌が侵入して腫れているということではなく、他に原因が考えられることもあります。
そのなかで考えられるものは次のようになっています。
スポンサーリンク

喉のしこりで押すと痛いと感じる場合には、リンパ腺が腫れていることが考えられます。
これは耳の下の首の部分にぐりぐりとしたものができている場合には、リンパ腺が腫れていると判断することができます。
これが雑菌が侵入して炎症が発生している状態になります。
痛みを伴うことが多く、38度以上の熱が長期間続くようになっています。
このような場合には病院を受診するようにします。
伝染性単核球症という病気が代表的なものとなっています。
また悪性の場合も考えられます。
その場合悪性リンパ腫ということになります。
リンパ節の病気に関しては、体の外から触れてわかることが多くなっています。
したがって明らかに触ってわかるというような場合には、病院を受診するようにします。
このほかに考えられる病気としては風邪があります。
風邪はさまざまなウイルスが飛んでいるということで、咳き込むような症状が見られる場合には、リンパ節の腫れを伴うことが多くなっています。
スポンサーリンク