喉にいい飲み物 風邪

風邪のときの喉にいい飲み物とは

スポンサーリンク

風邪にはいろいろな症状があります。
発熱や鼻水、関節の痛みなどが出てきますが、喉の痛みから症状が重くなる方が多いのではないでしょうか。
風邪を引きやすい時期としては、気温が低く、空気が乾燥する冬が一番多いとされています。
空気が乾燥すると、喉の粘膜にウイルスが付きやすくなり、さらに寒さで抵抗力が落ちた身体はウイルスに感染しやすくなります。
喉がイガイガするなど、違和感を感じたら、風邪の引き始めかもしれません。
喉の炎症が進行すると、唾を飲み込むのもつらく、食事を摂るのも困難になります。
また、声が枯れて、発声しずらくなり、仕事や普段の生活に差し支える可能性も出てきます。
喉の不快な症状を抑えるには、まず喉を保湿することが大切です。
市販ののど飴にも効果がありますが、身体を芯から温めてくれる飲み物を摂取することで、免疫力を高め、喉の症状を緩和することができます。
喉にいい飲み物としては、熱すぎず、冷たすぎない適度に温かい飲み物が良いとされています。
温かいものがいいからといって、やけどするほどの温度のものだと、喉の刺激になってしまいます。
スポンサーリンク

喉の不調を改善するには、身体や喉を温めるもの、炎症を抑えるものが良いとされています。
喉にいい食べ物としては、はちみつやしょうが、レモンなどの柑橘類が有名です。
はちみつには風邪に良いとされるビタミンが豊富に含まれており、咳止め効果や殺菌作用があるので、喉の炎症を抑えるには効果的です。
料理の薬味として使われることが多いしょうがですが、身体を温め、炎症を鎮めてくれる働きがあります。
喉にいい飲み物としては緑茶や紅茶が挙げられます。
緑茶や紅茶には優れた抗菌作用があるので、紅茶にはちみつやレモン、しょうがのすりおろしを入れて飲めば、喉の症状を緩和してくれます。
喉が痛くて、飲み込むのがつらい時は、こういった喉にいい飲み物を少しずつ飲むといいでしょう。
小さなお子さんでも飲めるものとしては、かりんシロップで作った飲み物がおすすめです。
かりんとはちみつを漬け込んで作るかりんシロップは、長期保存ができるので、喉の調子が悪いときにすぐに作って飲むことができるので便利です。
スポンサーリンク