喉 押すと痛い 原因

喉を押すと痛い原因について

スポンサーリンク

喉に痛みを感じたことがあるという人は珍しくありません。
 これは風邪を引いたときや、花粉症などで鼻づまりを起こした際、そこが痛む傾向にあるからです(花粉症患者は日本国民の25パーセントという調査結果があります)。
 しかし、喉を押すと痛いとなると、それは別の病気である可能性が高いと言えます。
 今回は、そうした症状が起きる病気とその原因について説明していきます。
 風邪を引いても、喉を押すと痛いという症状が見られる場合があります。
これは急性リンパ節炎となります。
これはリンパ腺が腫れて熱が出たという話を聞いたことがある人が多いため、なじみのあるものだと言えます。
 喉の付け根から下顎のあたりに、小指から親指大のしこりができ、それを押すと痛みを感じるのです。
 これは原因となっている急性的な炎症が治まると自然消滅するため、深刻な症状をもたらすことはありません。
 虫歯や歯周炎が引き金となって、同様の反応が起きることがあるため、日頃から健康管理に気を遣った方がよいでしょう。
スポンサーリンク

 リンパ腺に慢性の炎症を起こしていると、そこが慢性リンパ節炎になることがあります。
この状態になると、数ヶ月にわたりしこりが存在することになります。
結核患者にもよく見られる症状です。
 甲状腺腫瘍を起こしても、似たような症状が起きることがあります。
 腫瘍と言うと、悪性腫瘍(癌)を連想する人が多いのですが、癌を患うと即座に激痛が走るというものでもないため、専門医の診察を受ける必要があります(素人判断は危険です)。
 筋膜疼痛症候群は、患っても命に別状はなく、またCT検査を受けても異常を感知されることはありませんが、頭痛や電流が走るような痛みを感じることがあります。
 30代から50代の女性にかけて多く見られる病気であり、押すと痛い場所が天気によって変わるなど、とらえどころがない部分が特徴です。
 これが慢性的になると睡眠障害を併発する(喉の痛みで眠れない)恐れがあるため、注意が必要となります。
 喉押すと痛いという病気は、危機感を刺激する傾向にあるため、それが原因でストレスをため込む人が少なくありません。
 しかし大病を患っているとの思い込みが病状を悪化させている事例も多いため、思い詰めすぎないことが肝要となります。
 専門医の診察を早めに受けましょう。
スポンサーリンク