喉頭炎 うつる

喉頭炎の症状やうつる原因について

スポンサーリンク

風邪をひいた時には、鼻詰まりや鼻水の症状が出たり、喉がいがらっぽくなったりするなど、いろいろなタイプがあります。
喉頭炎も風邪をひいた時のように喉の乾燥感を覚えたり、声がかすれて出しにくくなったりします。
症状が酷くなると声が出せなくなります。
喉頭炎は主にウイルスが原因となってうつる病気です。
また、喉に刺激を与えるような行動を取っていると発症しやすくなります。
例えば、歌を大声で歌ったり、タバコを毎日吸い続けるヘビースモーカーの人などは、喉を酷使することで症状を引き起こす可能性が高まります。
ウイルス感染などによってこうした症状が出るのが急性喉頭炎です。
アデノウイルスやインフルエンザウイルスの他、溶血性連鎖球菌やブドウ球菌のような細菌を原因としてうつるケースもあります。
急性の場合にはその多くがウイルスを介してうつるものです。
多くは一時的な疾患に留まりますが、こうした症状が長期に渡って続くケースを慢性喉頭炎と呼びます。
スポンサーリンク

症状が出た時には、できるだけ喉に負担をかけないようにすることが大切です。
大きな声を出したり、喫煙や飲酒などの行為は避けなければいけません。
周囲にタバコを吸う人がいる場合は、副流煙が症状を悪化させる恐れもあるので協力してもらう必要があります。
喉に刺激を与えることが発症する原因のひとつになっていることもあって、教師や歌手のように声を出す必要のある職業に就いている人は罹患の可能性が高まると考えられています。
初期の対応を誤らなければ、ウイルスによる感染が収まることによって概ね治癒します。
喉に強い刺激を与えるなど、酷使を続けて慢性にならないように注意しなければいけません。
ウイルス感染を防ぐためにも手洗いやうがいの徹底することは大切です。
うがいは喉の乾燥を防ぐという意味でも有効な対策になります。
乾燥した空間にいるとどうしても感染のリスクが高まるので、加湿器を利用するなどして適度な湿度を保つようにして喉を乾燥させないように努めていきましょう。。
スポンサーリンク