喉 違和感 ポリープ 原因

喉の違和感の正体、ポリープの原因

スポンサーリンク

喉に違和感を感じたことがある、という人は少なくありません。
 これは風邪で扁桃腺が腫れたりすれば、誰にでも起きる現象だからです。
 しかし、そういった症状とはまた違って喉に強い違和感があるとなれば、それはポリープが原因かも知れません。
 今回は喉にポリープができる原因とその症状、治療方法について説明します。
 声帯に激しい刺激を与えたり、何らかの理由で炎症が起きると、粘膜上皮に出血が起きます。
このとき、粘膜上皮の血管が破られることにより、血腫ができます。
それがポリープが作られる原因となります。
 なお、声帯への激しい刺激が何を意味するのかと言えば、カラオケやスピーチ、スポーツ観戦時にたびたび発せられる大声となります。
 そのほかの理由としては、過剰な飲酒、長年にわたる喫煙となります。
 いずれにしてもやりすぎているという自覚を持って、それを控えれば済む問題です。
これは他の病気と同様に、乱れた生活習慣や肉体への負荷が原因で発症するものだと言えるでしょう。
スポンサーリンク

 初期症状としては、普段の声が出せなくなります(声の調子はハスキーボイスというのがぴたりと来ます)。
 日常の会話でも声が嗄れた状態となり、発声時に喉に対し違和感を感じるようになります。
痰が絡みやすくなる、という症状も確認されています。
 ポリープにも悪性と良性の二種類が存在します。
そこは腫瘍と似ています。
 判別の方法としては、見た目となります。
ただし素人に判別がつくものではありませんので、専門医の診察を受ける必要があります。
 治療方法としては、消炎酵素剤・消炎鎮痛剤・ステロイド系の薬を用いたもの(投薬治療)が可能です。
西洋医学的なものばかりではなく、漢方薬を用いても効果があります。
 ただし、三ヶ月以上薬を服用しても症状が改善されない場合は、手術を検討した方がよいでしょう。
 喉の手術と言えば、大がかりなものとのイメージがありますが、ポリープ切除はそんなにハードルが高いものではありません。
手術自体は一時間程度で終わり、日帰りで帰れるコースもあります。
 一ヶ月も安静にしていれば普通に声が出せるようになりますので、あまり思い詰めないようにしましょう。
スポンサーリンク