喉頭炎 治し方 方法

喉頭炎の治療方法と家庭で実践できる治し方

スポンサーリンク

喉頭炎はのどの粘膜に炎症が起こる病気です。
おもに風邪やインフルエンザなどのウイルス感染が原因で発症しますが、声を酷使する仕事をしている方や、カラオケやスポーツの応援などで声を使いすぎた場合でも起こる病気です。
その他にもタバコの煙やハウスダウト、花粉症といったアレルギーが原因で発症することもあります。
冬の時期の乾燥した空気や、エアコンで室内が乾燥しすぎるなど、環境によっても起こりうる病気です。
喉頭炎には急性のものと慢性のものがあり、症状としては声が枯れたり、声が出しづらくなります。
ひどい症状だと声がまったく出なくなることもあります。
また、発熱やのどの痛みや乾燥、むずがゆいような違和感があるのでせきが止まらなくなるといった症状もあります。
風邪から起こる喉頭炎は急性のもので、熱が急に上がったり、のどの痛みで食べ物が飲み込みにくくなるなどのつらい症状に悩まされます。
確実な治し方としては、のどに違和感を感じたら早めに病院を受診することです。
ひどい状態になる前に適切な治療を受けることが必要です。
スポンサーリンク

喉頭炎の治し方は、医療機関では風邪などのウイルス感染によるものだと、のどの炎症を抑えるくすりや咳止めが処方されます。
細菌感染を起こしている場合は、抗生剤を処方されることもあります。
ネブライザー療法といって、霧状になった薬液を口から吸引する治療方法もあり、直接患部にくすりを当てることができるので効果的な治療方法です。
風邪からくるものだと、鼻水や鼻づまり、発熱を伴うことがありますので、鼻のくすりや熱さましも一緒に処方されます。
自然治癒することもある病気なので、安静にしていれば1週間から10日ほどで治ります。
家庭でできる治し方は、まずゆっくり安静にして十分な睡眠を取ることです。
のどを乾燥させないように、加湿器や濡れタオルなどで部屋を加湿しておく方法も効果的です。
しっかり水分を取り、たばこやお酒、刺激物の飲食は控えましょう。
また、声をなるべく使わないようにすることも大切です。
食事面では身体が温まるような野菜のスープや柔らかいおかゆなど、のどごしのよいものが適しています。
スポンサーリンク